箕山育恵さん 第2回

「ヒルズ薬膳」

箕山育恵

【東京都港区】

今月の「料理」のコーナーでご紹介するのは、「ヒルズ薬膳」を主宰する箕山育恵さん。
一見難しく思われがちな薬膳や中医学をより身近なものに感じて日々の生活の中に取り入れてほしいという思いから、レッスンでは身近な食材を使用するよう心がけていらっしゃる箕山さん。
また薬膳に対する固定概念を払拭するためにお教室の雰囲気作りにも細やかな気配りをされているようです。
薬膳の更なる普及へ向けて日々研究を続けていらっしゃる箕山さんの気になるご活動内容を4週にわたってご紹介いたします。

4.どんな生徒さんが多いですか?

箕山育恵さん写真5平日日中のレッスンが多いので、主婦を中心とした生徒さんが多いです。

中には自営業(レストラン経営、エステサロン等)の方や、健康や美容に意識が高い方もたくさん受講しています。

普段料理をしない方でも、季節の養生講義を聞いて、美味しい薬膳料理を楽しんで帰られる生徒さんもいらっしゃいます。

5.人気のレッスンはなんですか?

箕山育恵さん写真6普段の食卓に取り入れやすい薬膳家庭料理がご好評頂いている他、中国茶や薬膳ブレンドテイーのレッスンも人気です。
皆さんに効用を説明しながら、一緒にブレンドをします。
(八宝茶、枸杞菊花茶、山査子?瑰花茶等)
またブレンドした薬膳茶と一緒に手作りヘルシースイーツをいただきます。
ヘルシースイーツに関しては動物性油脂を控えた低カロリースイーツになります。

6.レッスンで心がけていることはどんなことでしょう?

箕山育恵さん写真7気軽に薬膳を取り入れられるように、出来るだけ身近な食材を使うようにしています。

薬膳は苦い、薬っぽいというイメージを無くすために、簡単にできて、美味しい、美しいを心がけています。

その他、心地の良い空間づくりにアロマもとりいれています。

7.レッスンの楽しいエピソードを教えてください!

食に関心の高い生徒さんも多く、ヒルズ薬膳では美食の会も企画しています。
夏休みはレッスンのない月ですが、希望する生徒さんが集まり、北京ダックの老舗、銀座の全聚徳に行ってきました。
西太后も食したダックの皮の白糖がけなどを頂き、生徒さんと北京ダックを心ゆくまで堪能しました。

今後もまたこういった美食と楽しいおしゃべりの会を企画したいと思います。

コメントを残す

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: