里舘友子さん 第3回

「暮らし美人化計画ハウスキーピングSan」

里舘友子

【福岡県福岡市】

今月の「整理収納」のコーナーでご紹介するのは、「暮らし美人化計画ハウスキーピングSan」代表の里舘友子さん。
整理収納と聞くと「捨てる」という作業が思い浮かびますが、里舘さんはなかなか捨てられないものを「生かす」という提案をすることで依頼者のやる気を引き出しているようです。
またその提案や講座内容は具体的で実践的だと大変好評をいただいております。
自分や周囲の変化によって見えてきた新たな世界、そして夢に向かって日々研鑽を続けられている里舘さんの気になるご活動内容を4週にわたってご紹介いたします。

里舘友子さん写真8

里舘友子さん写真9

8.整理収納の仕事に興味を持ったきっかけを教えてください

元々片付けが苦手でしたが、娘がアトピー性皮膚炎だったため、環境を整えて掃除しやすい家作りを目指したことがきっかけです。
今思えば、娘のおかげですね!

9.資格を取得して良かったと思うことはなんでしょう?

人生が大きく変わりました。転勤族の妻で、特にこれと言ったスキルもキャリアもない普通の主婦だったのに、まさか起業をして今このような仕事中心の暮らしを楽しむことができるなどとは10年前には思いもしなかったことです。
人生って何が起きるかわからないものですね。充実した毎日に感謝いっぱいです。

10.講座やお仕事の内容や運営の工夫があれば教えてください

時間の使い方を工夫しています。 セミナーやサービスの時間は、受講生のみなさんやお客様の時間。その大切な時間を有意義に使っていただくために、自分自身の時間もコントロールするように工夫しています。
ポイントは家事動線です。たとえば洗濯動線は、洗濯する→干す→たたむ→取り込む→アイロンをかけて収納する、というように完了するまで5つのステップがありますが、これはほぼ毎日のことなので、この動線をどうすれば短くなるかを考えて収納場所を決めています。
小さいことですが、このような工夫がセミナーやお客様のお宅にもお役に立てることがよくあります。 また、自分自身が買って失敗した収納用品がたくさんあるので、「失敗しない収納用品の選び方」なども経験から得たノウハウとしてお伝えしています。

11.講座やお仕事でよく使う愛用品を教えてください(道具など)

  • 里舘友子さん写真10

    ハウスキーピングSanのユニフォーム 市販品ですが、収納作業の必需品がさっと取り出せるようにポケットをオリジナルに作り替えています。少し抑え目のオレンジ色に黒のリボンのコントラストがお気に入りです。

  • 里舘友子さん写真11

    三角スケールと雲型定規 提案書や収納設計図を考える時の必需品です。 パソコンより、手書きのほうが得意。 時間はかかりますが、喜んでいただけます。

  • 里舘友子さん写真12

    樟チップの消臭・防虫剤 必需品というほどではありませんが、市販の化学製品ではなく、できるだけ天然のモノをおすすめしています。 とてもいい香りです。 かわいくリボンで結んで靴やクローゼットに。

コメントを残す

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: