秋山 直美さん 第2回

秋山 直美さん写真1

「23番地cook~人と料理の交差点」

秋山 直美

【東京都台東区】

今月の「特集」のコーナーでご紹介するのは、「23番地cook~人と料理の交差点」を主宰されているナオミ先生。
お教室では「可愛い!」をテーマに、巻き寿司やパンなどを食べて美味しい、見た目にも楽しいお料理を学ぶことができます。
様々なかたちをした可愛いお寿司、出会いのきっかけはある料理学校で開講されていた講座。
ナオミ先生はその可愛さにすっかり魅了され、自分だけではなくもっと多くの人にその魅力を伝えたいと思いお教室を始められました。
ナオミ先生のお人柄がにじみ出る、アットフォームで笑顔の絶えない楽しいお教室を4週にわたってご紹介いたします。

4.どんな生徒さんが多いですか?

秋山 直美さん写真5楽しい事、人をもてなす事が大好きな活発な女性が多いです。

平日の昼は、専業主婦の方、平日夜・土日は、OLさんやママ、子連れの方で賑わっています。

初めは、1人で参加される方も多いですが、「会いたい友人とちょっと食事に行こう!」って感じで来て下さる方やリーダー的な方は、プライベートレッスンの企画をしてグループで来て下さる方も増えてきました。

5.人気のレッスンはなんですか?

秋山 直美さん写真6季節の行事に関わるレッスンは人気です。

例えば、桃の節句を祝うためのデコ寿司で雛飾りや、花より団子のお母さんも喜ぶ、美味しく食べられるカーネーションを作り等、プレゼント先の相手の笑顔がイメージできるようなレッスンが人気です。

6.レッスンで心がけていることはどんなことでしょう?

秋山 直美さん写真7レッスンでは、奇跡に近い確率で当教室を選んでくださって、大事な時間とお金をかけてわざわざ足を運んで頂いている!という事を忘れない様にしています。

「可愛さ」に感動して、思わず写真をとって自慢したくなるような空間&雰囲気作りを心がけています。

7.レッスンの楽しいエピソードを教えてください!

夏休みの親子レッスンで、パンダの巻き寿司教室をしたときのことです。
うっかり、白の部分と黒の部分を逆に作ってしまった親子がいました。
きちんと見ていなくて、「あちゃー☆」と思いましたが、参加していた男の子が「夏休みだし、ガン黒パンダー!」と言って、教室が笑いに包まれたことがありました。
失敗も見方を変えれば、新しい作品の誕生になるなぁ~と学びがあった楽しいエピソードでした。

コメントを残す

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: