遠藤 綾子さん 第2回

遠藤綾子さん写真1

「September25ArtStudio(セプテンバー25アートスタジオ)」

遠藤綾子

【新潟県新潟市・東京都中央区】

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「September25ArtStudio(セプテンバー25アートスタジオ)」を主宰されている遠藤 綾子さん。 南仏プロヴァンスで出会った美しい絵具に魅せられた遠藤さん。 グラスペイント&ファブリックペイントの魅力をより多くの人に伝えるためにお教室を運営するのと同時に、作家としても精力的にご活動されています。 お教室には遠藤さんと同じく子育てと仕事を両立させるワーキングマザーの方も多いようです。 皆さんもグラスペイント&ファブリックペイントを通して心と暮らしに彩りを添えてみませんか?

4.どんな生徒さんが多いですか?

遠藤綾子さん写真530~40代の既婚女性です。
20代の独身の時から通い始め、結婚し、ワーキングマザーとなっても受講を続け、自分らしくグラスペイントを続けている方もいらっしゃいます。
September25ArtStudio主催の作品展やパーティー、手づくりイベント、海外アート研修ツアーなどに参加することでグラスペイントの魅力の虜となり、職場や家庭とは別に、ひとりの女性として、グラスペイントを通して夢を描き、楽しんでいらっしゃいます。

5.人気のレッスンはなんですか?

遠藤綾子さん写真6「グラスペイント講師養成クラス」
将来、グラスペイント講師となり、お教室やセミナー講師として活躍することが目標の方のレッスンです。
絵が描けなくても、色彩が好きで、グラスペイントの楽しさを広めたいという夢をお持ちの方々にご参加いただいています。
基礎からアートレベルまでの指導と将来のお教室運営アドバイスも喜んでいただいております。

「はじめての南仏グラスペイント」
透明なガラス食器に、南仏の透明な絵具で描き、ご家庭のオーブンで焼くことで、素敵なガラス食器ができます。
季節に合わせた、デザインパターンをご用意していますので、絵が描けなくても大丈夫です。
ご自宅のテーブルを彩ることができ、またプレゼントとしてもいくつも描かれる方もいらっしゃいます。

6.レッスンで心がけていることはどんなことでしょう?

遠藤綾子さん写真7グラスペイント・ファブリックペイントのレッスンにお越しくださる方は、1ヵ月1回のレッスンとなります。

いつも新鮮で、いつもトキメキを感じて頂けるように作品デザインや情報を提供しています。

7.レッスンの楽しいエピソードを教えてください!

仕事や家庭とは別に、私には「グラスペイントを描くこと」で、気持ちが穏やかになり、日々充実しています。
20代から受講されて、結婚、そして出産される受講生のワーキングマザーの方々が同年代の心配や悩みを話し合い、そして元気になっていく姿をみると嬉しいです。
また子育ても終わったマダムたちは、グラスペイントを通して、ご自分のネットワークで自分らしくグラスペイントの楽しさや魅力を広めており、そうした「輝いている表情」を見られることも喜びです。

コメントを残す

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: