日髙住江さん 第3回

日髙住江さん写真1

「Flower & Cake Salon AU PASSAGE」

日髙住江

【東京都世田谷区】

今月の「料理」のコーナーでご紹介するのは、「Flower & Cake Salon AU PASSAGE」を主宰する日髙住江さん。 お教室では「食べて美味しく!美しく!!」をテーマに、お料理、お花、お菓子を通して四季折々の行事に合わせた旬の美しさや美味しさを楽しむことができます。 また海外の日本文化紹介イベントに出展するなど国内外で精力的に活動されている日高さんは、常に新しいものや情報を取り入れて生徒さんを飽きさせません。 暮らしの質を上げるヒントにあふれたお教室を4週にわたってご紹介いたします。

日髙住江さん写真8

日髙住江さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

結婚を機に退社し、フラワーアレンジメントを学びました。ウエディングブーケやウエディングテーブルを作っておりましたが、子供が生まれ、自宅でできる仕事に移行していきました。
それと同時に、料理研究家の先生のアシスタントの機会に恵まれ、長く勤めることでTVや雑誌等の撮影の仕事など多くを経験することができ、その経験を活かしたいと思ったのがきっかけです。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

“多くの出会いがあること”
生徒さんが長く通って下さっていることで、様々な場面で生徒さんたちに助けられていると感じております。
また小さな教室があることで、フランスのジャパンエキスポへ参加することができました。フランスの方から、「大ファンです!」と言われことはとてもうれしかったです。

“有名店でのデザートを作らせて頂いたこと”
“デパートや企業などでの講習会が持てたこと”
特に、お菓子は人を幸せにしてくれると思っています。あまり好きでないという方も一口口に入れると、ふと顔がほころび、疲れやイライラしていることが一瞬忘れられると思います。「美味しい」と口にしてくださることは本当にうれしいです。
又、ご家族のお誕生日のお祝いのケーキを頼まれたり、発表会などのフラワーアレンジメントを頼まれて作ることはとてもうれしい機会です。
自分自身が常に新しいことを学び続けられることもうれしいです。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

軽井沢野菜の美味しさに凝っていて、特別農法の野菜や果物を取り寄せて使ったりしています。
家に帰ってすぐに作れるように、なるべく簡単な作業で作りやすいレシピを起こしています。
レッスンの時には特別な機会ということで、珍しい食材なども使いますが、なくてもできるようなレシピにしています。
又、ケーキづくりは特別に感じる方もいらっしゃるので、一人で作るときに失敗しないよう、本やレシピだけでは伝わらないコツを丁寧に教えています。
フラワーアレンジメントのクラスでは、同じ花材を使ってもその枝振りや花の向き等により、同じには仕上がりません。一人一人丁寧に指導しています。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 日髙住江さん写真10

    調味料や食材 海外へ行くとスーパーマケットやマルシェを巡ることが好きで、調味料や食材を買ってきます。

  • 日髙住江さん写真11

    食器 可愛らしい食器はケーキやお菓子の盛り付けに。

  • 日髙住江さん写真12

    お菓子作りに必要な道具 パリで、ケーキ型なども買ってきてしまいます。

コメントを残す

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: