コンヴェール昌子さん 第1回

コンヴェール昌子さん写真1

「CANOPIA (カノーピア)」

コンヴェール昌子

【東京都千代田区】

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「CANOPIA (カノーピア)」を主宰するコンヴェール昌子さん。 旅行者として、留学生として、そしてフランス人とのご結婚後の生活者としてフランスを様々な角度から見て、体感してきたコンヴェールさん。 フランス人が何世紀にも渡り磨き上げてきた、独特の美意識や物事の本質を重視する価値観を伝えたいという思いから、フレンチスタイルのインテリアレッスンやアール・ド・ヴィーヴルレッスンを通して『フランスの素敵と洗練』を学ぶことできるサロンを開かれました。 日常生活にも取り入れられる、フランスの素敵と洗練を学ぶことができるコンヴェールさんのサロンを4週にわたってご紹介いたします。

コンヴェール昌子さん写真2

コンヴェール昌子さん写真3

1.教室名の由来を教えてください

フランス在住の頃、今とは違う仕事をしていたのですが、夫と旅行中にふと『もし私が将来何か別の仕事を始めるとしたら、(会社の)名前は何がいいと思う?』と尋ねたら、迷わず『CANOPIA』と答えてくれました。
元はcanopyという英語で天蓋やひさしの意味なのですが、別の専門用語として樹冠・林冠という意味もあります。
ジャングルの木々の最上部で、空を飛ぶカエルなど豊かな生態系が広がる空と地上が出会う場所canopyという言葉は、フランスと日本という全く違う国の文化が出会い、さらに豊かで素敵なものを生み出すサロンにしたいという私の願いにぴったりでした。
将来を啓示するかのような夫の言葉が強く頭に残っていたので、他の選択肢は全く考えずに決めました。

2.お教室の特徴やコンセプトを教えて下さい(教室で学べることなど)

『フランスの素敵と洗練を学び暮らしに取り入れる』をコンセプトに、皆様の暮らしや住まいをより素敵にしていただくためのヒントとなるレッスンを開催しています。
≪フランスの素敵ライフレッスン≫は、テーブルセッティングやマナー、フランス式のおもてなしやアフタヌーンティー、アンティークの取り入れ方など、美しい暮らしを実現するための様々なジャンルの内容で、夫の家族が受け継いできたり、レッスンのためにフランスで購入してきたアンティークの食器やオブジェなどもたくさん使います。
もう一つのカテゴリーの≪フランスの素敵インテリアレッスン≫は、多くの方が憧れるフレンチインテリアを参考に、ご自宅や教室・サロンをより素敵に印象的に変えていくための実践的なレッスンで、一生役立つフランス流の洗練インテリアのテクニックを身につけていただける内容となっています。

3.レッスン開催情報を教えてください(コース、頻度、料金など)

コンヴェール昌子さん写真4_1 ≪フランスの素敵ライフレッスン≫

【フランスの素敵ライフ入門レッスン】

【フレンチインテリアの全てコース】 全3回
シャトーのインテリア、住宅建築や室内装飾、今トレンドのスタイルや洗練のゴールデンルールなど、フランスのインテリアについて専門知識も交えてトータルに学びます。

【テーブル周りとアンティークコース】 全3回
フランスブランドの食器や魅力的なフレンチアンティークについて、イギリスとの違い、アンティークのお手入れと選び方などを学びます。

【暮らしの中のアール・ド・ヴィーヴルコース】 全4回
フランスのテーブルの歴史やマナー、セッティングなどを学んでいただいた後、おもてなし料理やアフタヌーンティーを召し上がっていただく人気のコースです。

入門レッスン受講後はお好きなコースのみ受講していただけます。
※全てのコースの同時開催は難しいため、リクエストの多いものから開催しています。
 レッスン詳細はHPに、日程はブログに掲載
コンヴェール昌子さん写真4_2 ≪フランスの素敵インテリアレッスン≫

『住』がとても充実しているフランスのインテリアを参考に、それぞれの方に一番合ったスタイルを見つけ、最小限の家具や予算でインパクトのある素敵なインテリアを実現していただくレッスンです。
教室やサロンをもっと素敵にしたい方、ご自宅をもっとときめくインテリアに変えたい方などが対象で、半日集中、一日、アフターフォロー付きなどリクエストに応じたレッスンを開催しています。
※レッスン詳細はHPに、日程はブログに掲載
コンヴェール昌子さん写真4_3 ≪ミニセミナー付きアフタヌーンティー、パーティー≫

マリー・アントワネットのフランスでの評価は?フランスのアフタヌーンティーってどんなもの?など、気になる色々なテーマで年数回不定期に開催
※日程などはブログに掲載
スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: