コンヴェール昌子さん 第4回

コンヴェール昌子さん写真1

「CANOPIA (カノーピア)」

コンヴェール昌子

【東京都千代田区】

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「CANOPIA (カノーピア)」を主宰するコンヴェール昌子さん。 旅行者として、留学生として、そしてフランス人とのご結婚後の生活者としてフランスを様々な角度から見て、体感してきたコンヴェールさん。 フランス人が何世紀にも渡り磨き上げてきた、独特の美意識や物事の本質を重視する価値観を伝えたいという思いから、フレンチスタイルのインテリアレッスンやアール・ド・ヴィーヴルレッスンを通して『フランスの素敵と洗練』を学ぶことできるサロンを開かれました。 日常生活にも取り入れられる、フランスの素敵と洗練を学ぶことができるコンヴェールさんのサロンを4週にわたってご紹介いたします。

12.いつかお教室を開きたい方へアドバイスをお願いします

自分の好きなこと・得意なことで教室を開くのは大前提ですが、同時に自分自身を客観的に見られるかどうかが、まず教室を開く時、そして開いた後続けていくために必要だと実感しています。
何が得意か苦手か、好きか嫌いか、自分だけの強みや特徴は何か、自分の今の実力はどの程度かを常に客観的に意識できていれば、何が足りなくて何を努力するべきか、また将来に向けての道筋が見えてくるのではないでしょうか。
日本は世界でも珍しい『お稽古文化』の国で、色々な知識があり色々な事ができるレベルの高い方が本当に大勢います。
そのため教室を開いた後も、生徒さんに追いつかれないよう常に努力して勉強を続けていくことが必要だと思います。

13.これからの夢を教えてください

これまであまり知られていなかった『フランスの素敵ライフ・素敵インテリア』が、大勢の方々の暮らしをもっと豊かで素敵なものにしていくことを願っています。
私生活に関して現在は日本がベースですが、将来フランスと日本の二重生活になる予定です。
以前パリに在住していた時、1900年頃建築のアパルトマンを全て自分達でデザインし、9カ月かけて大改装した経験がとても素晴らしかったので、また同じことをしたいです。
そこで日本の生徒さん達に本物のフランスの住宅建築やインテリアを見ていただき、フランス人の『アール・ド・ヴィーヴル』(暮らしの美学)を体験していただきたいと考えています。

14.あなたにとってキッチンとは?

コンヴェール昌子さん写真13子供達が巣立ち、夫も出張で留守が多いため最近はあまりキッチンに立たなくなりましたが、レッスンの日には生徒さん達にお出しする料理やお茶を手際よく準備するための大事な『楽屋』のような場所です。

15.メッセージ、レッスンの申し込み方法を教えてください

コンヴェール昌子さん写真14ブログ:  http://ameblo.jp/canopia/
HP:  http://www.canopia.jp/

それぞれにお問合せ・コンタクトページがあります。
また、こちらのアドレスで直接メールをお送りいただくこともできます。
canopia.jp@gmail.com
スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: