第3回 谷崎玲子さん

谷崎玲子さん写真1

テーブルコーディネート教室「アトリエRecoco」

谷崎玲子

【東京都渋谷区】

今月の「暮らし、美」のコーナーでご紹介するのは、「テーブルコーディネート教室 アトリエRecoco」を主宰する谷崎玲子さん。 お教室ではテーブルコーディネートと、リボンを使ったレッスンを受けることができます。 また体験レッスンから、資格取得講座まで、目的に合わせた様々なカリキュラムが設けられています。 谷崎さんがお教室を始められたきっかけは、テーブルコーディネートを通して、日本の季節や行事を家族の食卓で味わう大切さを伝えたいという思いからでした。 お教室開設時に抱いた思いを胸に、日々勉強を続けられ、精力的にご活動されている谷崎さんを4週にわたってご紹介いたします。

谷崎玲子さん写真8

谷崎玲子さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

私自身がテーブルコーディネートを深く極めたく、その延長線で私と同じ思いの人に伝えていきたいと思いました。
テーブルコーディネートを学ぶ中で日本の行事が沢山あることが分かり、みなさまにも日本の季節行事も伝え、家族で味わえるようにという思いがあります。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

沢山の方との出会いです。 そしてみなさまそれぞれ感性が違うので、様々なテーブルコーディネートに出会うことで、私自身もまた学ぶこともでき、みんなで成長出来る事です。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

所属する協会がテーブルクロスや食器を沢山取り揃えてくれているので、自由に使いコーディネートすることができる事です。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 谷崎玲子さん写真10

    テーブルクロス、ナプキン 見た目に入るのがクロス70%と言われております。 お祝い事や、行事ごと、来客の時、パーティの時だけでも、クロスを使うと華やぐし、喜び笑顔が増えます。 何より食器にも優しいです。 ナプキンは口を拭くこと以外にも、折り方一つで華やかになります。 お花はコーディネートにかかせないアイテムです。

  • 谷崎玲子さん写真11

    フィギュア(小物) 食器以外の小物はシーンに合わせて雰囲気を作ることができます。

  • 谷崎玲子さん写真12

    カメラ カメラは自分がセッティングしたテーブルを記録に残すことと、そのシーンの思い出作りになります。

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: