実原千秋さん 第3回

実原千秋さん写真1

「Jackie’s Table」

実原千秋

【大阪府大阪市】

今月の「料理」のコーナーでご紹介するのは、「Jackie’s Table」を主宰されている実原千秋さん。 実原さんのお教室では、少し堅いイメージもある薬膳を、華やかなテーブルコーディネートと共に“ワクワク”“楽しく”食べて学ぶことができます。 イタリアンやフレンチなど、“洋×薬膳”という今までにない新しいレッスンの大人気!また生徒さんにはリラックスして、楽しく華やかなテーブルでリフレッシュしてほしいという思いから、細部までこだわり抜いたお教室作りも定評です。 華やかに、楽しく美味しく健康になれる、おもてなしスタイルの薬膳料理教室を4週にわたってご紹介いたします。

実原千秋さん写真8

実原千秋さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

長らく出張の多い仕事をしていたため、体調不良に悩むことが多かった事から中医学の勉強を始め、国際薬膳調理師の資格を取得しました。薬膳料理というと、難しい漢方やお野菜ばかり等、あまり美味しいイメージが無い方も多いのですが、普段の身近な食材も素材の組み合わせ方で立派な薬膳になります。
年に数回は海外に行き、現地のお料理教室に通うことも多いので、中華料理だけではなく、大好きなフレンチやイタリアンでもその食材を知れば薬膳を組み立てることができ、気軽に、華やかに、楽しく美味しく健康になれるお料理を私自身が食べたいと思い、今のおもてなしスタイルの薬膳料理教室につながりました。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

私は会社員時代は男性の多い環境で働いておりましたので、お教室を始めたことをきっかけに、美容や健康、おしゃれに敏感なたくさんの素敵な女性に出会えたことです。
また、薬膳は「これさえ食べれば良い」という考え方ではなく、自分やご家族の体調・体質や、季節に合わせたお食事であることについてお話ししていますので、「スーパーでの食材選び方が変わりました」「冷え性なのでいつものご飯に○○をちょい足ししています」というお声を聞くととても嬉しいです。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

親しみを感じて頂けるよう、できるだけブログ、Instagram、Facebookなどで、薬膳やお料理だけでなく、お部屋のお写真や、プライベートのお写真もアップするようにしています。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 実原千秋さん写真10

    マリオルカジウスティのアクリルグラス 割れにくく、使いやすく、何よりスタイリッシュでどんなコーディネートにも合わせやすくお気に入りです。 毎回レッスンに登場しています。

  • 実原千秋さん写真11

    ナプキンリング テーマごとにテーブルを華やかにするアクセントとして使用しています。海外で購入したものがほとんどですが、手作りのものもあります。

  • 実原千秋さん写真12

    マントルピース インテリア全体でテーブルとリンクさせて季節感を出したりコーディネートをしています。毎回、こちらのデコレーションを楽しみにして下さっている方もいて、私にとってはテーブルの延長です。

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: