大谷美由紀さん 第3回

大谷美由紀さん写真1

「AUDREY」

大谷美由紀

【広島県福山市】

今月の「特集」のコーナーでご紹介するのは、「AUDREY(オードリー)」を主宰されている大谷美由紀さん。 大谷さんのお教室では「シック&エレガント」をコンセプトに、フレッシュフラワーやプリザーブドフラワー、またアーティシャルフラワーを使ったフラワーアレンジメントからポーセラーツまで、様々な角度から上質なお花を楽しむことができます。華やかなお花の世界ですが、今回の取材を通してお教室運営にあたっての大谷さんの日々の地道な努力や、生徒さんへのきめ細やかな心遣いを伺うことができました。 人とのご縁と感謝の気持ちを忘れずに、プラス思考で生き生きと活動されている大谷さんを4週にわたってご紹介いたします。

大谷美由紀さん写真8

大谷美由紀さん写真9

8.教室を開いたきっかけをおしえてください

元々お花が大好きで、独身のこらから趣味として習い始めました。
結婚し専業主婦となり3人の娘たちを育てながらもできる範囲でお花に触れていましたが、三女が少し手を離れた頃に本格的にお花に取り組み始めます。
国内外のフローリストに師事し自信がついてきた頃、様々な条件が整い、お教室開講の運びとなりました。

9.教室を開いて良かったと思うことはなんでしょう?

一番は「人とのご縁」をたくさんいただいたこと(特に今までとは異なる、好きなことで繋がる大切な友人ができたこと)、そして自分自身の世界が広がったこと。
人として多くのことを学ばせていただくことができたこと(現在進行形ですが・・・)。
そして大事な家族のことを、もっともっと大事に思い感謝することができるようになったこと(特に夫には本当に感謝です)。

10.教室運営の工夫があれば教えてください

心地良いと思っていただける空間を演出することはもちろん、飽きさせない努力、聞く姿勢、そして発信力だと思います。
また、レッスンだけではなく企業やショールーム、医療機関などにレンタルフラワーや販売などを積極的にさせていただくことで、AUDREYのお花がたくさんの方の目に触れ、そこから生徒さんの意欲にもつながるようにと工夫しています。

11.レッスンでもよく使う愛用品を教えてください(道具や食材など)

  • 大谷美由紀さん写真10

    リボン
    作品の大切な副素材。
    好きが高じて1000本以上収集してしまいました。とても大事なコレクション。パリなど海外からも買って帰ります。

  • 大谷美由紀さん写真11

    カメラ
    写真はとても大事。そのためのカメラは大事。今一番使っているカメラがCanon EosKiss8と、Panasonic Lumix9です。
    すでに一眼レフとミラーレスで5台となりました…。

  • 大谷美由紀さん写真12

    ハサミ 大事なツールです。 よく切れる生花用、プリザーブドフラワー用、アーティフィシャル用、リボン用など、用途を分けて使っています。

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: