食を通じた健康と美をコンセプトに、通い続けたい教室を

「カントリーテーブル」主宰 小林美香さん

インタビュー連載 第4回

今月のサロネーゼは、名古屋市内で家庭料理教室「カントリーテーブル」を主宰する小林美香さん。 できるだけ手間を省き、短時間で美味しくおしゃれにできる料理を伝えるレッスンは、料理の楽しさに出会えると評判を呼び、長年通い続ける生徒さんもいっぱいです。 アットホームなレッスンの模様と小林さんのインタビューを4回にわたりご紹介します。 最終回はお教室運営にこめている思いや工夫、これからの夢などを伺ったインタビュー後半です。

掲載日:2015/5/25(月)

小林美香さん

小林美香さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • レシピ

長年生徒さんに愛される秘訣


――お教室を開始してみて良かったのはどんなことでしょうか。

小林さん  いろいろな生徒さんに出会えたことと、生徒さん同士がお友達になり、仲間の輪が広がっていくことです。
また、習った料理を家で作ってご家族に喜んでいただいたお話などをうかがうと、本当に嬉しいですし、お教室をやって良かったと思います。

――長年継続し、そして生徒さんに通い続けていただくにはたくさんの工夫や努力をしていらっしゃると思います。例えばどのようなことがありますか?

小林さん  そうですね、まずレシピは家庭で作りやすいものを心がけ、ポイントをたくさんお伝えするようにし、また、レッスンは皆さんが笑顔になれる楽しい雰囲気であることを常に心がけています。

作業が早い方やゆっくりの方、お話が好きな方やちょっと苦手な方など生徒さんそれぞれ違いますが、できるだけ皆さんが公平に作業したり、楽しい、と思っていただけるように会話をしながらレッスンするようにしています。


小林美香先生1

「生徒さんに楽しかった!と言っていただける雰囲気づくりを常に心がけています」


――先生と生徒さんの距離が・・物理的な距離だけでなく、心の距離も近いように感じました。
また、例えば今日であれば紅茶についてもたくさん情報をお伝えするなど、レシピ以外の学びがあるのも魅力ですね。


小林さん  ありがとうございます。先日行ってきたスリランカの紅茶をぜひ皆さんにめしあがっていただきたくて買ってきていましたので、今日はそのご紹介もしました。

旅行が好きなので、旅先で得た情報や食材もよくご紹介していますし、食べた料理をレッスンのメニューに取り入れることもよくあります。
今回スリランカでは知人に紹介してもらって、スリランカのホテルと家庭で現地の方にカレーを学んできましたので、夏ごろレッスンに取り入れようと思っています。


様々な工夫とこれからの夢


――毎月新しいレシピを考え出すのはなかなか大変ですよね。

小林さん  そうなんです(笑)。旅先で得たアイデアや、少し変わった食材、流行の料理を取り入れたり、いろいろアンテナを張っています。
最近のレッスンでは、話題のココナッツオイルやメイソンジャーを使ったレシピや、おにぎらずもご紹介しました。

皆さん、雑誌やテレビで見たことはあるけれどどうやって作るのだろう?と思っていらっしゃるので、こうした新しいお料理を紹介するのもとても喜んでいただいています。

――そのほか、運営で気を付けていることなどありますか?

小林さん  そうですね・・。キャンセルについては、きちんとルールを決めて、どなたにも公平に守っていただくようにしています。

――それは長く続けていくうえでとても大切なことですよね。


小林美香先生2

食を通じて美と健康を保つことがコンセプト。なるべく身体によい食材と調理法をレクチャー


――今も勉強を続けていることはありますか?

小林さん  地元の食材や調味料をお伝えしていくために、それについて学んだり、いろいろなお店にでかけて食事をしては、新しいアイデアを得たりしています。

また、食を通じて美と健康を保つこともコンセプトにしていますので、それについては生涯勉強だと思っていますし、私自信も太らないように、ウォーキングをしたりインナーマッスルを鍛えるなど気を付けています。
やはり私が太っていたら、私が紹介する料理を作るとそうなってしまうのではないか、と生徒さんに思われる可能性がありますので(笑)。

――最後に、これからの夢とお教室の展望を教えてください。

小林さん  いつかカフェを併設した料理スタジオを持てたらいいですね。

――いつか夢が叶うことをお祈りしています!今日は大変ありがとうございました!

小林さん  こちらこそありがとうございました!


==========================================

長年教室運営を続けるにはたくさんの魅力に加え、運営の努力や工夫が必要だと思いますが、気負わずに、ご自分も楽しみながら、生徒さんの視点で「通いたい」と思う教室づくりをしている小林さん。
楽しい雰囲気の中で自然に笑顔になれお料理の腕もあがる素敵なお教室、とてもおすすめです。

インタビュー・テキスト=窪田みゆき写真=蟹江宏樹



プロフィール
小林美香さん

小林美香さん
フードコーディネーター
家庭料理教室「カントリーテーブル」主宰
小さい頃から食べること、料理を作ることが大好きで中部電力のアシスタントをきっかけに1996年名古屋の自宅にて料理サロンをオープンさせました。
月毎に変る様々なジャンルの家庭料理で6人までの少人数制の教室です。海外旅行中に出会った美味しい料理を再現させた各国のレシピや訪れた街に話など楽しくできらたと思っています。

サロン情報

「カントリーテーブル」

身体に良い料理をテーマに「簡単、美味しい、お洒落」をコンセプトに作りやすいオリジナルレシピを紹介しています。

ジャンル:

家庭料理、日本料理、イタリアン、中華、韓国、エスニック、マクロビオティック、おもてなし、テーブルコーディネート

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、男性参加OK、少人数制(6人以下)、体験教室あり、予約制、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)

所在地:

愛知県名古屋市天白区原

ホームページ、ブログ:
http://country-table.com

マイサロンはこちら

レシピ

アボカドと生ハムのカンパーニュサンド
アボカドと生ハムのカンパーニュサンド

<写真奥>

(4人分)
・アボカド 1/2個
・レモン汁 適量
・生ハム 4枚
・カンパーニュ 1/2個
・サワークリーム 30g
・マヨネーズ 大さじ1

作り方
  1. アボカドは半分に切って皮をむいてスライスし、レモン汁をかけます。
  2. カンパーニュは2~3cmにスライスし、間に切れ目を入れます。
  3. サワークリームとマヨネーズを混ぜたソースを塗り。生ハムとアボカドをはさみます。
にんじんと玉子のサンド
にんじんと玉子のサンド

<写真手前>

(4人分)
・バケット 20㎝
・卵 2個
・にんじん 1本
・バター 適量

A:
・ナンプラー 大さじ1
・砂糖 少々
・オリーブ油

作り方
  1. にんじんはせん切りにしてAに漬け込み30分ほどおきます。
  2. 熱したフライパンに油を入れて、割りほぐした卵を入れていり卵を作ります。
  3. バケットにバターを軽くぬって1と2をはさみます。

コメントを残す

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: