自分らしいスタイル=「Nao’s Style」

「Nao’s Style」主宰 大井直子さん

インタビュー連載 第3回

今月のサロネーゼは、福岡市内で料理教室「Nao’s Style」を主宰する大井直子さん。 季節のイベントにピッタリなおもてなしのお料理とテーブルコーディネートを学べるレッスンは、楽しくてセンスも磨かれると評判を呼び、予約が取れないほどの人気です。 2015年12月に開催されたレッスンに伺った模様と大井さんのインタビューを4回にわたりご紹介します。 第3回目は教室情報やスタートのきっかけをうかがったインタビュー前半です。

掲載日:2016/2/15(月)

大井直子さん

大井直子さん

  • プロフィール
  • サロン情報

理想は「お料理をしたくなるレッスン」


――お疲れさまでした!細やかな説明で、とてもわかりやすくて楽しいレッスンでした。何より先生が楽しそうなので、そのワクワク感が伝わってきました。
まずはお教室の開催情報から教えてください。


大井さん  ありがとうございます。現在レッスンは、春夏秋冬の季節毎にテーマを決め、そのテーマで年6~7回開催しており、過去のレシピもリクエストレッスンとしてご要望があれば開催しています。

料金は1レッスン5,000円で、入会金はいただいていません。単発でのご参加も可能で、1回6名までの少人数制です。

そのほか、豆腐マイスター認定講師としても活動しています。

――県外でもレッスンを開催されているのですね。

大井さん  去年は大阪で、梅田のクリナップ・キッチンタウン・大阪のキッチンスタジオをお借りして初めて開催したのですが、実はお申込みがあるかどうか不安でした。
でも嬉しいことに、ブログで告知したところ約10分でいっぱいになり、「ずっと参加したかったんです」と熱いメッセージを書いてお申込みくださった方や遠方からご参加くださる方もたくさんいらして、本当に嬉しい機会になりました。

4月25日には、東京の日本橋三越「はじまりのカフェ」でクリナップさんとのコラボレーションで、「大人気のキッシュでホームパーティー」と題してお料理のワークショップも開催します。

――ブログの人気もすごいですね!はじまりのカフェでの開催もとても楽しみです!


大井直子先生1

「お料理だけでなく、テーブル、照明、音楽に至る空間のトータル演出もお伝えしています」


――お教室のコンセプトや特徴を教えてください。

大井さん  季節のイベントにピッタリなおもてなしのお料理とテーブルコーディネートを学んでいただけるサロンです。
どこでも購入できるお手軽な材料や調味料で、とびっきりオシャレで美味しいおもてなし料理をお教えします。

季節に合わせたお料理のほか、テーブル、照明、音楽に至る空間のトータル演出もお伝えしていて、お料理が好きになる!おもてなしがしたくなる!そんなサロンを目指しています。

――素敵ですね。なかなか照明を含め空間のトータル演出まで学べるレッスンは少ないので貴重だと思います。レッスンに通いはじめて、お料理とおもてなしの楽しさに触れたという方も多いのではないでしょうか。

大井さん  それは私が理想とするところです!お料理がしたくなるレッスン、いつもそれを目指してます。


「もしも私が生徒だったら」


――どんな生徒さんが多いですか?

大井さん  30~40代を中心に、20代~70代まで幅広い年齢層の方に全国から来ていただいています。

最初は友人にレシピを教えたことがきっかけで始まったサロンですが、その後ブログを見て下さった方、そのご友人とご縁が広がっています。
皆さま素敵な女性ばかりで、生徒さん同士もすぐに意気投合され仲良くなってくださいます。

――生徒さん同士が仲良くなってくださるのは嬉しいですね。
お教室のスタイルはデモンストレーションスタイルなのですね。


大井さん  はい、それは最初から揺るがないです。
レッスンの内容もそうですが、全て「もし私が生徒として参加するならこんなレッスンがいい」と考えて決めています。デモンストレーションスタイルも、いろいろ考えたうえで選択しました。


大井直子先生2

レッスンの内容や進め方も、「Nao’s Style」。生徒さんの立場に立って考えられています


――お教室をはじめたきっかけをお聞きしたいのですが、元々お料理がお好きだったのでしょうか。

大井さん  好きといいますか・・せざるを得ない状況だったといいますか(笑)。
母が働いていたので、夕食は6時か6時半に帰宅してから作り始めるんですね。でも子どもですからおなかがすいて早く食べたいわけです。

母が買い物してきたものを見て、「お母さん、これで何を作ろうと思っていたの?」と聞いて、一緒に作ったりするうちに、自分で作るようになりました。

だんだん母の味ではない自分の味で作りたいと思うようになり、味付けの工夫をしたり、自分でお弁当も作ったりして・・・ですので、小さいときから料理は毎日のことで、身近でした。

社会人になってからは、仕事から帰ってどうやったら早く食べられるかは、土日にどこまで作り置きしておけるか、どれだけ冷凍をうまく使いこなすかが決め手だと思い、その研究もしてきました。

――そんな体験や培ってきたことがレッスンにもいきているのですね。材料を使い切るレシピや冷凍できるお料理の開発、時短調理の工夫など、とても実用的だと思いました。


自分らしさを大切に


――その後お教室をスタートしたのでしょうか。

大井さん  総合商社に勤めていたのですが退職し、その後は専業主婦をしていました。その頃から季節に合わせたお料理とテーブルコーディネートを考え、友人を招いておもてなしをすることが好きでした。

友人に頼まれてレシピを教えたことがきっかけになり2009年におもてなしサロン「Nao’s Style」をオープンすることになりました。

――お教室名はお名前が由来かと思いますが、どんな思いを込めていますか?

大井さん  私らしいスタイルをご提案したいと思い、私の名前から「Nao’s Style」と名付けました。

サロンに来て下さった皆さまにも「Nao’s Style」で学んだことをご自分スタイルにアレンジして楽しんで頂ければと思っています。


大井直子先生3

自分らしさを大切にした、オンリーワンのレッスンが人気の秘訣


――自分らしいスタイルを確立して支持されるのは素敵なことですね。

大井さん  ありがとうございます。私は、あえて料理もテーブルコーディネートも独学です。世の中にはいろいろな資格がありますが、人につられたり、枠の中に入り込むのは自分らしくないと思ったのです。
マニュアル的なことを学ぶことで自由な発想ができなくなる可能性があります。
自分らしさやアイデアを大切にしたいですし、それこそが「Nao’s Style」だと考えています。

――自由に発想を楽しむことから新しいなにかが生まれるのかもしれないですね。


==========================================

「自分らしさ」を大切にしている大井さん。どんな情報やアイデアも、「Nao’s Style」として提案ができるのは、「自分らしさ」という軸をしっかりお持ちだからこそ。
一回一回が、まさにオンリーワンのスタイルを学べるレッスンであり、それが人気の秘密なのだと感じました。

次回最終回は、お教室運営の工夫やこれからの夢を伺ったインタビュー後半をお届けします。どうぞお楽しみに!

インタビュー・テキスト=窪田みゆき写真=スタジオチーズ





プロフィール
大井直子さん

大井直子さん
大手総合商社退職後、専業主婦を経て2009年より「Nao’s Style」を主宰。
食品衛生責任者。
生活空間コーディネーター。
豆腐マイスター養成講座認定講師。

専業主婦時代から季節のテーブルを作って友人を招いておもてなしをすることが好きでいつの日か自分の作るお料理やテーブルを教えることが夢でした。
友人に頼まれてレシピを教えたことがきっかけでおもてなし教室「Nao’s Style」を始めることになりました。

サロン情報

「Nao’s Style」

デモンストレーション形式のお料理教室ですので初心者のかたでも安心してご参加下さいね。
簡単なレシピとテーブルコーディネートでおもてなしをする楽しさを皆さんと共有できればと思っています。

ジャンル:

家庭料理、おもてなし、テーブルコーディネート

サロン特長:

初心者歓迎、お友達同士歓迎、少人数制(6人以下)

所在地:

福岡県福岡市

ホームページ、ブログ:
http://ameblo.jp/naonao-mm/
Email : naosstyle@gmail.com

マイサロンはこちら

コメントを残す

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: