湘南発祥の地・大磯で学ぶ本格スイーツ

「宮代眞弓お菓子教室 M’s Sweet Kitchen」主宰 宮代眞弓さん

インタビュー連載 第1回

今月のサロネーゼは、神奈川県・湘南、大磯で「宮代眞弓お菓子教室 M’s Sweet Kitchen」を主宰する宮代眞弓さん。 フランス菓子、ウィーン菓子などがベースとなったオリジナルケーキをはじめとするお菓子を、家庭で失敗なく作れるようプロのコツ満載で伝えるレッスンは大人気。 遠方から通う生徒さんも多数です。 6月のある日に開催されたレッスンに伺った模様と宮代さんのインタビューを4回にわたりご紹介します。 第1回目はお教室の紹介とレッスンレポート前半です。

掲載日:2016/7/11(月)

宮代眞弓さん

宮代眞弓さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • レシピ

一歩踏み入れるとワクワクが広がる教室


東京駅からJR東海道線でおよそ1時間ほどの神奈川県の海辺の町、大磯。歴代総理大臣のうち8人が居住し、政界や財界の大物たちが別邸を構え、湘南発祥の地と言われている落ち着きのある街です。

その一角にある「宮代眞弓お菓子教室 M’s Sweet Kitchen」は、主宰する宮代さんが1999年10月にご自宅で開いたお菓子教室です。

到着すると、広々とした芝生のある素敵なアプローチを抜け、笑顔いっぱいの宮代さんが迎えてくださいました。


宮代眞弓先生1

窓からたっぷり光が入り広々と気持ちのよいレッスンスペース。ゆったりした時間が流れています


中にお邪魔すると、リビングダイニングの手前のスペースには試食を兼ねたティータイム用に素敵なテーブルセッティングがなされていました。そしてその奥には、実習用のテーブルにボウルなど道具や材料が整然と並べられ、入った瞬間にワクワクしてきます。

「お荷物はどうぞこちらへ入れてください」と、可愛いらしい入れ物がお一人ずつに用意されていました。大切な生徒さんのお荷物を床に置かない、他の方のお荷物と混ざらないように、細やかな配慮を感じます。


家庭で失敗なくできる、家族のためのお菓子


大学の家政学部を卒業し、管理栄養士の資格もお持ちの宮代さん。その後日本はもちろん、パリやウィーンでも専門知識を学びディプロマを取得していらっしゃいます。
プロの技術を極めたお菓子作りが本格的な仕事になったのは、ママ友たちの「美味しい!作り方を教えて」の声から。

数名のお友達対象に始めたレッスンが評判を呼び本格的な教室へ。そして企業へのレシピ提供や外部でのレッスンなど活躍の幅を広げ、昨年にはSBクリエイティブから初の著書「バターなしだからすぐできる”大人かわいい”お菓子のレシピ」を上梓されました。
このレシピ本は、翻訳され中国、台湾でも発売されています。


宮代眞弓先生2

昨年出版された著書は中国、台湾でも発売。バターなしでも美味しいオリジナルレシピは大好評


そんな宮代さんのお教室で学べるのは、一言でいうと「はずれのない!」美味しいお菓子。
宮代さんがこれまで学び、そして食べて来たものの中で、絶対に美味しいと思うものだけを伝えていらっしゃいます。

パティスリーの様な本格的で可愛いお菓子が作れるようになるので、生徒さんからは「もうお店では買えない」と言われるほど。もちろん添加物を使わない安全でフレッシュなお菓子です。

また、ご自身の体験をいかし「家庭で家族のための人数分のお菓子を失敗なく作る」ことを大切に考え、全てのレシピが、プロの技術満載でありながら家庭で失敗なくできるよう簡単にした独自の製法であることも大きな特徴であり魅力です。


プロの技術と知識が学べるレッスン


レッスンのしくみは、まず入会後2年間は「基礎コース」に通っていただき、その後「応用コース」となります。
「基礎コース」では毎月1回・24テーマが設けられ、基本的なお菓子を学びますが、入会はいつからでも可能です。
さらに学び続けたい方は「応用コース」に進んでいただき、ステップアップした内容が学べます。いずれもグループレッスンとプライベートレッスンが選択できます。

「応用コースでは、旬やトレンドを取り入れたお菓子をお教えしています。その都度レシピを考えますので、研究してレシピにまとめるのはなかなか大変ですが、楽しい作業です」と宮代さん。

お菓子作りが本当にお好きなのだなぁと伝わってくる楽しそうな笑顔に、こちらまで笑顔になります。


宮代眞弓先生3

こんなに細やかに教えてもらえるなんて、と思うほど丁寧な説明。確実にお菓子作りが上達します


開始時間になり、生徒さんが集まっていらっしゃいました。今日は「応用コース」のグループレッスン。学ぶのは、生クリームで作るシフォンケーキ「リッチシフォン・プレーン」と、ラングドシャとフロランタンの融合したクッキー「フュージョンクッキー」の2種。
エプロンを着け準備が整うと、早速レシピの説明からスタートです。

まずはシフォンケーキの由来から。おなじみのシフォンケーキですが、一般的なレシピだとサラダ油をたっぷり使いますが、それを使わず生クリームで作る理由や違い、一つ一つの材料の特徴と選び方、市販のシフォンケーキがふわふわの秘密、家庭で作るからこその美味しさなど、さすが応用コース、レシピ本や普通のレッスンでは学べないようなことがたくさん伝えられていきます。

また、管理栄養士ならではの栄養面のお話もあり、説明を聞きながら何度「へえ~」「知らなかった!」と思ったことでしょう。なるべくヘルシーで美味しく、と考えられていることを感じます。

一通りの説明が終わると、まずは宮代さんのデモンストレーションからスタートです。
その様子や続きは次回ご紹介します。
どうぞお楽しみに!

インタビュー・テキスト=窪田みゆき写真=原田圭介



レッスンは、講師のデモンストレーションからはじまります。実習後はゆったりティータイムで楽しいお時間を過ごしてください。 そしてお土産のご自分で作ったお菓子はお家でご家族やお友達とお楽しみくださいね。


  • Aさん
    もう10年以上通っています。毎回毎回驚くことが詰まっていて、何度通っても新鮮で、そして毎回楽しみです。ばたばたしている普段の暮らしを忘れてリフレッシュの時間にもなっています。
  • Bさん
    私もお友達の紹介で長年通っていますが、いつも通うのが楽しみです。習うお菓子はどれも美味しくて美味しくて!家族にもとても喜ばれています。レッスンでは、お菓子作りのお話しだけではなくていろいろな会話も楽しめるのも魅力です。
  • Cさん
    家庭で作りやすくて失敗なく、お店で買う以上に美味しいお菓子を教えてもらえて毎回感動です。皆さんがおっしゃるように、お店で買うことが少なくなりました。これからもずっと通いたいです。


プロフィール
宮代眞弓さん

宮代眞弓さん
洋菓子研究家

1985年 大学家政学部管理栄養士専攻卒業
1999年 神奈川県大磯町の自宅でお菓子教室を主宰
シュガーアートデコレーションをパディケーキハウス稲田和子先生に師事
ル・コルドンブルー、他にて製菓・料理を学ぶ
フランス・パリ・エコール・リッツ・エスコフィエにて製菓プログラム修了
オーストリア・ウィーン Zuckerbackerei Giebisch Partyserviceにて製菓製パン研修

サロン情報

「宮代眞弓お菓子教室 M’s Sweet Kitchen」

湘南のセカンドハウスに来たような和む空間。
お伝えするお菓子は、「はずれのない!」美味しいお菓子。
愛情たっぷりのキュートで美味しいケーキを独自の簡単製法で作っています。
添加物を使用しない安全でフレッシュなケーキを作ります。
講習後は、美味しい紅茶&コーヒー(オリジナルの「恋するお菓子ブレンド」)を入れてTeaTime。
楽しみながら、ご一緒に豊かな時間を過ごしましょう。

ジャンル:

家庭料理 フレンチ 洋菓子

所在地:

神奈川県中郡大磯町生沢

ホームページ、ブログ:
http://www.geocities.jp/sweets1224m/index.html

プロフィールはこちら

レシピ

リッチシフォン・プレーン
生クリームで作るシフォンケーキ 「リッチシフォン・プレーン」
(14~15㎝シフォン型1台分)
・生クリーム(47%) 125g
・グラニュー糖 12g

・卵白 3個分
・グラニュー糖 45g

・卵黄 2個分
・薄力粉 40g
・タピオカ粉 15g
・ベーキングパウダー 2g

作り方
  1. ボウルに冷蔵庫から出したばかりの生クリームを入れグラニュー糖を加えてホイッパーで泡立てる。
  2. 別のきれいなボウルに卵白を3個分入れる。
  3. 卵黄は2個分だけ生クリームを泡立てたボウルに入れておく。
  4. 卵白をハンドミキサーで泡立てる。30秒ごとにグラニュー糖を3回に分けて加えトータル3~4分で泡立てを完成させる。(ハンドミキサーの跡がついて消えないくらいまで泡立てる)。
  5. 生クリームのボウルの中の卵黄をホイッパーで混ぜたら薄力粉、タピオカ粉、ベーキングパウダーを合わせてふるい入れる。そのままホイッパーで均一に混ぜる。
  6. メレンゲをホイッパーでひとつかみ加えてよく混ぜる。
  7. メレンゲのボウルの方へ卵黄の生地をすべて入れて均一に混ぜる。
  8. 静かに型へ入れて生地の高さを均一に竹串などで整える。
  9. 190℃で30~35分焼く。
  10. 逆さにして冷ます。
  11. シフォンナイフなどを使って型から取り出す。

コメントを残す

スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: