変わる魅力・変わらない魅力。22年目のお教室

「Salon de R」主宰 山田玲子さん

インタビュー連載 第1回

今月のサロネーゼは、都内 杉並区浜田山と千代田区麹町で料理教室「Salon DE R(サロン ド アール)」を主宰する山田玲子さん。 食卓が華やぐお料理と共におもてなしのコーディネートを学べるお教室は今年で22年目。 遠方から毎回通い続ける生徒さんも多く、いつも笑顔があふれています。 9月末に浜田山教室で開催されたレッスンに伺った模様と山田さんのインタビューを4回にわたりお届けします。 第1回目はお教室の紹介とレッスンレポート前半です。

掲載日:2016/10/3(月)

山田玲子さん

山田玲子さん

  • プロフィール
  • サロン情報
  • レシピ

22年支持される料理教室


渋谷から京王井の頭線で約15分の浜田山。閑静な住宅街が広がり、ステイタス感あふれる落ち着いた街並みの一角に、料理研究家 山田玲子さんが主宰する料理教室「「Salon DE R(サロン ド アール)」はあります。

「マダムなおうちごはんを、無理なく楽しく大胆に調理!」をコンセプトに、お料理だけでなく、テーブルコーディネート、おもてなしのヒント、そして「笑いの心意気」まで教えてくれる楽しいレッスンは、
遠方から通う方、長年通い続けている方も多く、いつも生徒さんの笑顔があふれています。

2009年にこのコーナーにご登場いただき、今回は2回目となります。この間、料理本のご出版や国内外での料理教室の開催、講演などますます活躍の場を広げ、料理の楽しさ、大切さを伝え続けていらっしゃいます。
今回は、今年22年目となるお教室運営の秘訣、変わらないレッスンの魅力とコンセプト、幅広いご活動を伺いにお邪魔しました。


山田玲子先生1

窓の外には芝生のお庭が広がり、一瞬にして気持ちが和らぎます。テーブルには季節の花が。


浜田山駅から徒歩12分ほど。神田川を渡りゆるやかな坂をのぼると見えてくる山田さんのお教室。
美しい芝生の庭が広がり、9月末といえ真夏のような暑さが戻ったこの日、太陽の光を浴びてまぶしいくらい。爽やかな緑に癒されながらベルチャイムを鳴らすと、山田さんが笑顔で迎えてくださいました。

レッスンが行われるダイニングスペースにお邪魔すると、テーブルにはすでに素敵なコーディネートが。季節を感じるたおやかなお花は、お庭にさいていたものだそう。

「玄関やテーブルには、庭に咲いていた花を飾るようにしています。豪華な花もよいですが、生徒さんがほっと気を休めることができるように、季節の花でお出迎えしています」

と山田さん。「ようこそ」の気持ちを感じる、素敵なおもてなしです。


楽しい笑顔があふれるレッスン


メニューは2ヶ月に1回変わり、テーブルコーディネートも毎回テーマにあわせて変えていらっしゃいます。伺った9月、そして10月のテーマは「秋のお重弁当」。モダンな漆器を使った和のテイストがとても素敵です。

ちなみに、1、2月は冬、3、4月は春のお料理、5、6月は中華、7、8月はエスニック、11、12月はクリスマスパーティと、年間を通じてテーマを設定しているそう。
もちろんメニューは毎年・毎回変わりますので、22年間のレシピは相当な数だと思います。

11時の開始時間が近づき、生徒さんがいらっしゃいました。
今日は会津若松から新幹線でお越しの生徒さんや、もうすぐ臨月の妊婦さんもいらして、7名での開催です。

「こんにちは!」

一人ひとりを笑顔で迎える山田さん。入っていらっしゃる生徒さん方の笑顔に、レッスンを楽しみにいらしたことが伝わります。


山田玲子先生2

近況報告、生徒さんの紹介、レシピの説明からスタート。楽しいトークに笑顔がいっぱい!


「それでは始めます!」

今日初めてご参加の方の紹介、テーマと料理名、レシピの紹介からスタートです。
マダムな雰囲気とうらはらに、ユーモアたっぷりの山田さんのトークの楽しさに最初から笑いがいっぱい!初めてご参加の方もすぐにリラックスできる雰囲気です。

「今日は恒例の秋のお弁当がテーマで、五味五色を基本にして作ります。こちらの漆器を八寸に見立てて盛り付けます。五味五色、八寸というのは・・・」

レシピはもちろんですが、器や盛り付けの知識も教えていただけます。


料理のコツと知識をたっぷり


今日学ぶレシピは、お弁当はもちろん普段のおかずにもおもてなしにも喜ばれそうなものがずらり。
「鮭の昆布締め」「もやしの明太子和え」「焼き茄子」「ピーナッツ豆腐」「ジャガイモ饅頭」「オクラと長芋の梅風味」「菊花寿司」「海老のゆかりあげ」「くるみゆべし」の9品です。

「焼き茄子ですが、皆さんどうやって焼いています?穴を開けて焼くという方もいらっしゃるかもしれませんが、水分が出てしまって美味しい仕上がりにならないのでぜひそのままで焼いてください。皮をむくのは熱いですが、そこは頑張って!皮をむいたら切らないでそのまま漬け込んでください。
ハイ、こんな感じです」

レシピに書ききれない美味しくできるコツや下処理の方法もたっぷり。
料理によっては、切ったり漬けたり、すでに下準備されているものもあり、それらの状態もその都度見せて紹介されます。


山田玲子先生3

山田さんオススメの食材や生産者さんのお話は、料理の楽しみを増してくれる嬉しい情報。


「ピーナッツ豆腐は、こちらのペーストを使っています。お知り合いの”ピーナッツカンパニー”さんのものを取り寄せました。土や焙煎にこだわり無添加で、とても美味しいですよ。ピーナッツペーストをごまペーストに変えればごま豆腐ができますからね」

基本的には近くのスーパーなどで入手できる身近な旬の食材が中心ですが、調味料やお米など、直接お知り合いで、安心できる生産者さんのものを取り寄せて使うことも。
その商品のストーリーと一緒に、必ずどこで買える・誰が作っている、という情報を一緒にお伝えされるので、生徒さんも興味津々。

良い食材と食卓をつなぐ役割も積極的に取り組んでいらっしゃる山田さんの周りには真摯な食品作りをしている生産者さんがいっぱい。
買うこと・使うことを通じて生産者さんの応援にもなりますし、生徒さんにとっては、他では学べない生産者さんの思いや商品のストーリーを知ることができるのも、レッスンに参加する楽しみと言えそうです。

一品一品の丁寧な紹介のあとは、早速実習のスタートです。
和やかな雰囲気のなか、リズム良く進むレッスンの様子は次回お届けします。
どうぞお楽しみに!

インタビュー・テキスト=窪田みゆき写真=原田圭介



楽しく一緒に料理して美味しいワインと一緒に食事をしましょう。


  • Aさん
    もう4年くらい通っています。実習のある料理教室を探していたところ、ネットで情報を拝見しました。お教室の魅力はなんといって先生のお人柄。レッスンがとても楽しいです。
  • Bさん
    レッスン帰りにスーパーで買えるような身近な材料で、おしゃれで美味しいお料理ができて嬉しいです。家で再現しやすいように工夫してくださっているのを感じます。実習のとき先生のアドバイスがとても的確で、さすが!と思います。
  • Cさん
    お料理だけでなく、器使いも素敵で毎回勉強になります。先生が使っていらっしゃるものはつい欲しくなり買ってしまいます(笑)。来ていらっしゃる生徒さんも素敵な方ばかりで、ここで友達ができたり、親しくなれるのもお教室の魅力です。


プロフィール
山田玲子さん

山田玲子さん

フェリス女学院大学卒業後、1995年~浜田山の自宅にて料理教室「Salon de R」を主宰。
2009年からは麹町サロンもオープン。
小学生の国際交流の活動を通じ、食する事は人の輪なり・・と感じ「美味しい料理はあなたを想う温かい心から」をコンセプトに。
「おいしい!」「すごい!」なんていうお褒めの言葉をエネルギーにして、マダムなおうちごはんを大笑いの中、無理なく楽しく大胆に調理!
お料理とともにおもてなしのコーディネートから笑いの心意気まで伝授いたします。
企業の料理教室講師や、国内(甲府・葉山など)での出張料理教室、さらにはNYやHouston、韓国など海外でも定期的に料理教室を開催。
食品会社のレシピ開発やケータリング、各種イベントにも対応。
2002年 家庭画報「とっておきのおかず大賞」審査委員特別賞受賞
2008年 山梨礼賛 ワインに合うレシピ入賞

サロン情報

「Salon de R」

食することは人の輪なり!失敗したって大丈夫。料理の決め手のスパイスは「笑」です。
毎月のクラス案内はブログでアップします。

http://www.reiko-cooking.com/

ジャンル:

家庭料理、おもてなし

サロン特長:

初心者歓迎、平日開催、夜間開催、土日開催、お友達同士歓迎、子連れOK、男性参加OK、子供教室あり、予約制、駐車場あり、各種イベントあり、駅近(徒歩10分以内)、お酒の提供あり

所在地:

東京都杉並区、千代田区麹町

ホームページ、ブログ:

http://www.reiko-cooking.com/

プロフィールはこちら

レシピ

ピーナッツ豆腐
ピーナッツ豆腐

・ピーナッツペースト 30g
・くず粉 30g
・片栗粉 10g
・酒 大さじ3
・醤油 小さじ1/2
・水 2カップ

作り方
  1. くず粉を細かくする。くず粉と片栗粉に水を入れてよく溶き、ピーナッツペーストと調味料を加えて火にかける。
  2. 中火でふつふつした弱火にして香りが出るまでよく練る。
  3. 型に入れて冷やす。
スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: